2010年03月11日

はたチェン

風邪薬で頭痛は治まりましたが、今日は寝坊しました。

起きたら7時50分!
それで8時22分の電車に乗っていつも通りに出社ってすごくないですか!?

夢で今日やる作業内容の打ち合わせをしていて
「あっ!あれもやらなきゃいけなかったですね…確認します!!」
って所で目が覚めました。。

今週から通勤時に一日の仕事内容の予定を立てて、帰りに結果記入してるせいでそんな夢を見たんでしょうか。(∋_∈)

先週金曜に読んだ本により、定時退社を心がけるようになったんですが。
土曜に著者の小室さんの会社のサイトを見たら、タイムリーなツールが始まってたので即登録。

『働き方チェンジナビ』(通称:はたチェン)
http://hatachen.jp/

一日の予定を出勤前に立てることができるツール です。
その業務の重要度や簡単なコメントを加えることができるほか、その日の退社時間も予定することができます。


…簡単に言うと朝、予定を立てて登録し、帰りに結果を登録するのです。
「帰るボタン」ってのを押すと、

「今日朝メールを書いた人の中で25人中18人が帰宅しました」

って表示されます。

月曜から毎日続けて、一応目標時間前後に帰ってました
…昨日までは。

今日は夕方過ぎてから、今日中の作業を頼まれたので1時間オーバー。

今週、作業が整理できたから早く帰れたわけじゃなくて、単に運が良かっただけなんじゃん?
また来週に作業が積み残ってしまいました。(-.-;)

来週も頑張って続け…られるかなぁ。
頑張りたいです。。
posted by ashika at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

盲亀の浮木

091118_2032.jpg

寒いですね〜。
駅前のイルミネーションがスゴいことになってました。

先週、金曜に静岡で研修があって帰ったのですが、ちょうどそのくらいから寒い日が続いてますね。
薄手の布団を重ねて使うのもそろそろ限界が…毛布を買わないとダメかも。(∋_∈)

今日は一瞬、時が止まるほどのびっくりニュースがありましたが、、ちょっと暫くあっためておきます(笑)


さて、先週行った研修ですが

『今、踏んばることで未来が輝く…』

という題名の女性フォーラム。対象は入社5年目以降の中堅です。
当初は20人くらいを対象にした講演会の予定が、参加者が少なくワークショップ形式の研修となりました。

もうこれ以上踏ん張れないよ…っていう感じでもあったんですけどね。静岡にいたときはこういった会に好んで行っていたんだから、まぁ行ってみるかーと。


記事のタイトル『盲亀の浮木(もうきのふぼく)』とは会の開会時に主催のお偉いさんの挨拶にあった言葉。意味は…

出会うことがきわめて難しいことのたとえ。また、めったにない幸運にめぐり合うことのたとえ。
百年に一度海面に浮かび上がる盲目の亀が、たまたま海上を漂う一本の流木に出会い、その木の穴に入り込んだという、『雑阿含経』の寓話(ぐうわ)に基づく。仏や仏の教えに会うことの難しさを教えたもの。『涅槃経』などにも見える。「優曇華(うどんげ)の花」と対にして言うこともある。

“たまたま”だとは思うけど、この偶然ということがこの後の先生のお話の中でも重要なテーマとなっていました。

今回の研修の参加者はたった7人。
50歳が1人、46歳が1人であとは全て30代(ちなみに先生は46歳)

私が座った側は比較的若い側。
3人しかいなかったのでディスカッションの際は事務局の子が1人参加。その子を含め、1人以外は私と同い年。(もう一方のグループにも同い年が1人)

女の人は頑張りすぎてしまうことが多いので、自分で全部抱えず片手はあけておきましょうといった内容の先生のお話があり。

今までの自分の仕事と生活のキャリアを点数化してグラフにし、発表したりして。。
私も転勤していろいろ大変だったとか話したんだけど、みんなからの評価は「大変かもしれないけど、今すごい楽しそう」と言われました。

そうかしら???自分じゃわかんないけど。

同じグループの中にグラフがマイナスを這っている子がいて
「毎日楽しくない。常に机の中に辞表を入れてある。会社は何も変わっていかない。。」
と言っている子がいて、今年あたま頃の自分を見ているようで、事務局の子と二人で一生懸命盛り上げてその子の話を聞いてあげることに終始しました。

研修終了後は先生も交えて会食だったけど、女の人って打ち解けるのが早いよね〜。年齢も近いせいかものすごい本音トーク。

毎日がつまらないって言ってた子も、会の終わりには「(自分が)ちょっと変わってみようかな」って感じになっていたし。

先生が“たまたま”起きるいろいろなチャンスや出会いをものにできるかどうかで変わっていくって言ってたけど…ほんとこの偶然を大事にしたいねってことで会が終了しました。

先生とはすっかり仲良くなっちゃって、東京出張の際は必ず連絡を頂くという約束までもらっちゃいました。


…違う意味での出会いもこんなふうにあったらいいのにね〜(悲)

同い年のほとんどが同意見であったことにちょっと救われる思いでした。。
posted by ashika at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

EKIDEN

091107_1310~01.jpg

結局2回しか練習できないまま、EKIDENカーニバル西東京大会に参加してきました。

国営昭和記念公園は紅葉が見頃
…とのことでしたが、そんなの楽しむ余裕はなく。

でも意外に緊張はしませんでした。
後輩女性陣が緊張してるのを見たせいかなぁ〜。

とにかく人が多すぎて、自分の前走者からタスキを受け取れるか不安で。満員電車のようで、全然前に行けないんだもの。
番号呼ばれようやく前に出れる…といった感じ。。

出場したのはショートの部:1区5.32km→2区3km→3区1.43Km→4区3Km(当初より距離が縮まったのだそうです)
で私はもちろん3区。

私の前は新人のIさん。
うちのチームだけがメンバーに女性が2名です。

人をかき分けなんとかタスキを受け取り、スタートしました。
出てすぐの辺りで会社のみんなが応援してるのが見え、余裕で手を振りちょっと早いペースでのラン。
外周に出てすぐペースダウンしました。

あとは必死で走るのみ。。

歩いている人を見掛けると私も歩きたい気分に。
そんなとき目の前にいたおじさんの背中に聖書の一節(コリント人への手紙)が。
「…試練と共にそれに耐えられるよう、逃れる道も備えていてくださいます。」
なんとなくそれ見たら歩いちゃいけないような気持ちになり、頑張ってそのおじさんを抜いて前へ。

折り返して、まだ先があるのかぁ〜と思ったらあと400mとの表示。ラストスパートとはいきませんでしたがちょっとだけ頑張り、なんとかアンカーのイケメンS君にタスキを渡しました。

いや〜めっちゃしんどかったデス。
終わった後は咳が止まらずゲホゲホ…。

結果はうちの会社から5チーム出たのですが、そのうちの2位。
全体の順位は296位(約800チームが参加)

良かったです。私のせいでビリにならなくて。。


終了後は6名ほどで新大久保まで行き、韓国人K君が行きつけの焼肉屋へ。
すごいおいしかったし、韓国へ行った気分にもなれました。
さすがコリアンタウン。異国の気分です。
食事だけじゃなく、もっと探索してみたい感じでした。

で、眠くて倒れそうになりながら17時過ぎには家に戻り、うたた寝しつつお風呂に入り、20時にはベッドの中…。
野球中継をつけていましたが、8回くらいまでしか記憶がなく。。
途中何度か起きましたが、9時くらいまでのんびり寝てました。

湿布して寝たせいか、意外にもヒドイ体の痛みはなく。
動かないとヤバイだろうと思い、午後は生活用品などを求め街中をプラプラ。

明日の朝の状態がどうなっているかが不安DEATH。。
posted by ashika at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

女子力より稼ぎ力!?

なんだか仕事や行事が盛りだくさんで、書きたいことの半分もblogにUPグッド(上向き矢印)できておりません。。
後回しにせず即時更新していかないと無理なのね〜と感じているここ最近でございますあせあせ(飛び散る汗)


さて…去る11月11日、

〜欲張りオンナの成功術〜 稼ぎ力の育て方

と題した日経新聞主催のセミナーを受けてきました。

講師は渋井真帆氏。
昨年もこの方のセミナーを受けておもしろかったので、今回は幸せ探しメンバーKちゃんと二人で参加してきました。
 ※昨年の記事はコチラ→(今日の私“咲いた”?)

やっぱり今回の話も非常に興味深かったデス。
息つく間もなく話されるので、こちらも夢中で聞き入っちゃいました。

今回のテーマは稼ぎ力ぴかぴか(新しい)

スキルや資格は単に“稼ぎ力の種”でしかない。
そしてそういったものだけが種となるわけではなく、自分が今まで経験してきたことや発想、情報、ヒトやモノ、カネ、さらには女性であることすべてが稼ぎ力の種と言える。
ただ種を集めることだけではなく、その種を咲かせることができる力を『稼ぎ力』と言う。

稼ぎ力
=自分がもっている稼ぎ力の種をお金に転換するための力かわいい

つまり、その能力や資源を社会やビジネスの場で活かすことができる力のこと。
企業でいうところの“収益性”

労働力には“人材”“人手”が必要であるが、人材は会社の中核を担うもの(人財)であり、人手は命じられた仕事をこなすだけ、手足となって動くものである。
どちらも欠くことはできないが、「稼ぎ力」を得るためのトレーニングは経営者人材になるトレーニングと同じと言える。

経営者と言っても会社だけによらず、誰もが自分の人生の経営者である。自分の人生の経営者は自分しかいないので、
「人生の経営のゴールは何か?」
という経営のビジョンを持ってどんな環境においても自らの力で生き抜いていかなければならない。

この目標(ゴール)を明確にすることが稼ぎ力の第一歩ぴかぴか(新しい)

頭の中でもやもやと考えていることを言語化していく事が必要なのである。(でもそれってなかなかムズカシイ)

…とまぁ、私が受け取ったのはこのような内容デス。
残りちょこっとで日経新聞の読み方などを。(この辺は昨年聞いたことと同じ)
いやぁ〜今回も2時間があっという間でしたよ時計
たくさんの情報量を一気に受け取ったというような感じでした。

前回も思ったけど、(セミナー前から1週間くらい無料配達される)日経新聞って「読むところたくさんあっておもしろいな〜。購読したいな〜。」とは思うものの普段購読してる新聞や雑誌がたまっていく一方の我が部屋を振り返るととてもムリムリあせあせ(飛び散る汗)

…会社にあるのをたまに読んで良しとしよう。

たぶん来年も、このセミナーがあったらまた申し込んでしまうんだろうな〜。
でもそんな稼ぎ力よりも、私の場合は女子力をUPグッド(上向き矢印)させるほうが必要なんじゃないかって気もしなくもないですけどne爆弾
posted by ashika at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

さすが理想の上司

気持ちのグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)の激しい今日この頃ですが…

昨日(5/15)市民文化会館で行われた静岡JC主催

「理想の上司1!古田敦也氏講演会」
〜目標に向け行動しよう!古田流 かっこいい大人の行動哲学〜

に行って来ましたるんるん
講演会というもののそんなカタイ感じではなく。
舞台の中央に応接セットが置かれて、ナビゲーターの遠藤行洋氏と会話しながらのトークショー形式でした。
あっという間の2時間ですごいおもしろかったですよグッド(上向き矢印)

家に帰ってトーク内容の仔細を家族に聞かせたら、行きたかったな〜とママと妹が羨んでいましたあせあせ(飛び散る汗)
この講演会、無料なのですが事前に申し込みが必要だったのね。

市内で行われるセミナーや講習会の類は常にいろいろチェックしていて、興味があるものだと一人で申し込んで行っていたんだけど「みんなも興味あるかもしれないし、たまには他の人も誘ってみるかー」と社内の数人にmail toしてみたのでした。
なので、ママがいいなーと言った時に「会社の人に先に声掛けちゃったからさ」と言ってしまったのですが…

kramから「エアロビの日なので行けないです。」というお返事をもらったきりあとは無反応。。
行かないにしろ興味ないにしろmail to返信くれたって良いじゃないさー。じゃぁママの分も申し込んでやろうか…と思った頃にはもう定員に達して締め切られていたのでしたたらーっ(汗)

さてさて、トークショーの内容ですが
最初は雑談めいた野球関連の話題などが続き、この題に沿った話題になるのかしら…??なんてちょっと心配になったけどあせあせ(飛び散る汗)

古田さんが野球を始めてからプロに入るまでの話

あのプロ野球ストライキに至った時の詳しい話

ID野球、考える野球とはどんなものなのか

ノムさんとの間柄を感じさせるエピソード

これからやって行きたいこと、今やっていること

などなど…。
ナビゲーターの遠藤さんがほとんど言葉を発することがないくらい、すごく熱くたくさん語ってくれました。

話がねー、すごくうまいんですよ。
みんなが笑うポイントもよく心得てる。でも大事なところは真剣ぴかぴか(新しい)
ものすごく“伝わる”話し方をする人だなーと思いました。

どの話もすごくおもしろいし良かったんだけど、中でもグッ手(グー)ときたポイントが2点

2004年にプロ野球の縮小を踏みとどめ12球団の維持を訴えてやむなくストに至ったとき、


そのまま流れに乗ってしまうことも上層部に丸め込まれてしまうこともできたけどそれはしたくなかった。
応援してくれるファンのため、選手達のためというのもあるけど、それ以上にプロを夢見る子供達のために今やらなくてはならないと思ったんです。
野球教室とかに行ったりして子供達に教えているのに、その子達が大人になってプロになりたいと思った時にプロ野球が衰退していたんじゃ申し訳が無い。
あの時、古田は何やっていたんだよーって言われたくないと思って矢面に立って何でもしようと決めたんです。


ってことをおっしゃったんですよ。
スゴーイぴかぴか(新しい)と思ってちょっとウルっときちゃいました。

「矢面に立つってねー。結構ホントに矢がいっぱい飛んでくるんですよ(笑)」

なんて冗談めかして言ってたけど、かなりいろんな圧力やら何やらあったんだそうで…。

「でも今は戦いの最中だからしかたない。何があってもこの戦いに勝たないと。」

っていう気持ちで乗り切ったんだそうですよ。
当時、プロ野球にすごく興味があるわけではなかったけどカナリ注目してそのニュース見てたからね。ストを決めた時の古田さんの会見の時のこととか思い出しちゃった。

もう1点は、夢や目標を持つことについて…ということで


今は初めて野球を離れて、いろんな人に会ったりいろんな場所に行く機会ができるようになった。
TVやメディアを通じていろいろ発信していくことも大事だけど、実際に会って話をしたり触れ合うことの方が大きい。
だから今は地方でも、僕の話を聴きたいと言ってくれるところがあればどこでも行って話をしたいと思っている。
今の自分にできることをやってアンテナをはっていれば、その先に見えてくるものがあると思う。


というようなことを言っていて、ホント一生懸命いろんな取り組みをしているんだなーって感じました。(何かね、聞くとホント多方面でいろいろな活動をしているみたいなんですよ。)

今できることをキッチリやる…か。
ホント理想の上司だよ。
「古田さんにとって理想の上司とは?」って質問に対しても、

1つのプロジェクトに対して何があっても最後まで責任を持って逃げないこと…ま、それがなかなか難しいんだけどね(笑)

って答えていましたし。
あと個人的には古田さんの選ぶ五輪代表スタメン野球もおもしろかった。月曜にすぽると!TVでの星野さんとの対談をみていただけにねー。

それから、どんなにスゴイ球種でも速い球でもいつかは慣れる。あきらめなければ打てるようになるって話も興味深かったなー。ピッチャーがその球を投げるに至るまでの動機を考えていけば、もっと打てるようになるんだって(別に私が野球やるわけじゃないんだけどあせあせ(飛び散る汗)


こんな上司だったら私も迷いなくついて行きますよー(たぶん)と思った夜でした夜
posted by ashika at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

傾聴入門

一人っきりでビル仕事をするのにも慣れてきたような今日この頃たらーっ(汗)

今日も一人、出社してお仕事して来ました。
昨日はkramの誕生日会バースデービールで午前サマだったので、14時過ぎての出社でしたがあせあせ(飛び散る汗)

でもさすがに日暮れてくると、ちょっと心細いし、室内も冷えてくるためか、マシンやらデスクやらが「ピシッピシッ」と軋む音がしだすのよねたらーっ(汗)
ラップ音みたいでちょっと怖いどんっ(衝撃)(実は小心者)


さて、昨日は誕生日会の前に、

傾聴入門 「聴く」からはじまる人間関係

というものを受講してきました。
市とNPO法人との協働講座で、無料だし土曜だしってことで申し込んであったのでした…例の騒動が勃発する数日前に。。

私の今年度の目標がコミュニケーションスキルのUPグッド(上向き矢印)等に絡んだことだったので、ためになるんじゃないかと思って。

 傾聴は「相手を理解しよう」「受け止めよう」とする姿勢から生まれるコミュニケーションスキル。
 傾聴によって相手が安心し、聞き手に心を開いたりわだかまりが解消することも少なくありません。
 話し手は自分の気持ちに気づき、また聞き手自身も成長する。
 「聞く」と「聴く」の違いを見につけてあなたの人間関係力をアップさせましょう。


あんな思いをしたんだから、しばらくは向上心なんて持って頑張れないもん…なんてひねくれた考えでいたんですが、それでも行ってみて良かったですよ。

2時間の講義と30分程度の実技演習があったんですが、もっと時間が欲しかったと思うような充実した内容でした。

来ていた人たちは女性が多く、そして中高年の人たちがほとんど。仕事に役立てるというよりは福祉ボランティアとか子育てとかのために…という目的の人たちばかりのようでしたが。
でも話の聴き方ってのはどんな場面でも必要だしね。仕事面でも十分役立てて行けそう。

昨年、「あしたの私の咲かせ方」って講座を受講したけど、その時の内容と通ずるものもいろいろあったし。
人は誰もが“話したい(=認めてもらいたい)”という存在認知の願望を持っている…っていうところとか。

話を聴くということの大切さがよーくわかりました。
あと“好意の返報性”っていうこともふむふむ…って感じることが多々ありましたよ。
これは、相手を気遣う気持ちが伝われば、必ず相手からも同じように気遣ってもらえるということで、逆を言えば“悪意の返報性”もあるとのことでした。
相手を嫌ったり、悪く言ったりすれば、相手からも同じようにそれが返ってくるということだそうです。


何だか、いつまでもプンプンむかっ(怒り)していても良いことはなさそうだし、なんでこういうことになってしまったのかもっと(関連している)みんなの話をじっくり聴いてみる必要もあったんじゃないかなーとか思えてきました。

気持ちを切り替えて、頑張ってみようかな手(グー)

…でもこの忙しさからはついつい逃げ出したくなるけどあせあせ(飛び散る汗)
posted by ashika at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

今日の私“咲いた”?

先週から届き続けた日経新聞、昨日ようやくセミナーを受けてきました。

働く女子の「あしたの私の咲かせ方」かわいい

女性のためのキャリア&マネー講座。
開催場所は15代将軍様の屋敷跡でゴザイマス。大正浪漫漂う大広間にて定員200名での開催です。

当選のハガキが届いた時に「応募者が予想以上に多く、厳正な抽選の上、当選されました」みたいなことが書いてありました。
でも200名の定員なのに本当に応募が殺到したのかな〜?女は限定や“選ばれた”ってヤツに弱いからな〜と半信半疑で行ったのですが、会場が満席だったところを見るとどうやらホントらしい。

若い女性が多いのかな〜なんて思っていたけど、意外におばちゃん&おばあちゃんも結構いましたあせあせ(飛び散る汗)

講師は渋井真帆氏。
28歳で起業し、金融機関や大手企業を中心に人材育成、販売コンサルを手がける中、働く20〜30代女性ターゲットのビジネス人材養成スクールを設立し人気を博している…という方。

いや〜すごい夢中になって2時間強の講義を聞いちゃいました。
話し方と例え方、興味の引き方が抜群にうまいぴかぴか(新しい)です。

講義の内容は、、、
ビジネス社会でいかに力を伸ばしていくか。そのためには経済(世の中)の仕組みを知ることが肝要。
その仕組みを知るには日経新聞を読みこなすことが一番の近道。

経済とは“人間の欲望と行動の結果を数値化したもの”であり、日本経済新聞=“世界経済欲望ドラマ新聞”と言える。

というようなものでした。
だから日経新聞が教材として配達されてきたのね〜。

日経新聞を読み解いていく方法とかもおもしろかったけど、私の中でかなり心に留まったのは前半部分。

人は自分にしか興味がない、と知っておく

誰しもが自分を評価して欲しい、自分を知って欲しいという欲求を抱えている(I see me
そこをあえて、相手に興味を向ける、相手の話をよく聞く(I see you)に変えてみようぴかぴか(新しい)

クライアント、上司…etcに対して「好かれよう」「嫌われないようにしよう」という態度には媚が生まれ、対等な位置に立つことができなくなる。
そうではなく「必要とされる」人間になることが大事。相手のニーズを捉え、戦略的に情報を提示することで、相手から必要とされていく。そのためにはコミュニケーションを取り、相手のことをよく見るということが欠かせなくなってくる。

ホントそうだよな〜と実感。
そしてこれはビジネスだけでなく恋愛でも、夫婦関係でも使えるんですよ〜と先生。
確かに…ね。「好かれよう、嫌われないようにしよう」じゃあ“肩をならべて歩いてゆけ”ないものね(…と無理やり昨日の話題につなげてみる)

さてさて…
今日は定時後に自社でグループ会議(といってもメンバー3人だけ…)があったので、この間の研修報告に昨日の話をプラスして熱弁を振るってきました手(グー)

うまい具合に2人の興味を引くことが出来たみたい。私の持ってたテキストとかもコピーしてバイブルにする!ってことになりました。
うんうん、思惑通りるんるん
みんなが同じ意識を持たなきゃ意味ナイからね。

一人で満足しながら帰ってまいりましたグッド(上向き矢印)
一応、ここ最近で学んでいることを実践できてい…るかな。
そのうちちゃんと花が咲くようになるとよいんだけどかわいい
posted by ashika at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

研修終わりました

帰りの新幹線車中です。

疲れましたー。
そして眠い〜。

研修中は眠くならなかったけど、終わったらドッと疲れが。。

でも静岡に着いてその足で部の飲み会に参加しないと。
やめとけば良かったかなぁ〜。帰って寝たい気持ちでいっぱいになってきた。(-.-;)

ぃや〜でも研修面白かった。

先生は8割“森本レオ”に似ていて残り2割が“ドンドコのグッさん”に似ていた。
周りに8割の方は賛同得られたけど、残り2割はイマイチな反応。
口元と輪郭が似てると思うんだけどな〜。

ま、それはおいといて。

同年代の人達と仕事について、普段社内では話し合えない内容について話せて良かった。

女性もいたしね。

帰りに名刺交換もバッチリ☆

惜しむらくは、同じ会社の人間が多かったこと。
食事とかも固まっちゃうし。
先に座っちゃったら、みんなが来たからって席を移るのもナンだし。

あと同じグループに後輩がいたこと。

仕事上で悩んでることを言わなきゃならないグループ討議で、そいつから意見されたくない。(-.-;)
…そんなことはわかってるんだよ!っていうようなことだし。
ちょっとストレス。


ま、でも行って良かった。o(^-^)o

これを社内へどうフィードバックさせるかが問題だけどねっ。。
posted by ashika at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダブルでツイン

070705_1814~01.jpg

豊橋に研修に来ております。

ホテルでの研修。
宿泊も同所…全室“ダブルベッド”とHPに載っていたけど、ドアを開けた瞬間

「広っ!」

と隣の部屋の方。
へーどれどれ…と自分の部屋に入ると

ツインじゃないですかー。

使いきれません。
どっちのベッドに寝たら良いのよ。。
ソファーとかもいつ座るの?って感じ。


肝心の研修ですが…

全部で17名。うち女性3名。
4つのグループに分かれていて、5名参加の我社は

私と日本語下手★後輩Kが同じグループ。

まぁ仕方ないか、と思いつつも「お前がそれを言うなー」と突っ込みたい気持ちをぐっと我慢。

講義自体は面白いし。
人気講師と言うだけあって話が面白い。関西人だし。
ついつい引き込まれちゃう。

グループ討議&全体に発表…の繰り返しだけど、ふと気付くと取りまとめ役。気付きたくないけどグループ内の年長者。。

飲みに行きたくなーいって言ってたけど、全体で飲むことになっちゃって。
“飲むキャラ”ってことを勝手に後輩が言っちゃうし。(-.-;)

…もぉ〜って感じ。

で、夕食も飲みも自社内で固まってるし。

だから嫌なんだよ〜!
普段の仕事の話はいつでもできるじゃん。。


そんな感じの一日目でした。
明日も頑張りまーす。
posted by ashika at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

さて次は…

昨日、仕事帰りに図書館に寄ってみました。
やる気が萎えてしまわないうちに次の勉強を始めようと思って。


何故かと言うと…

うちの会社、年度初めに個人の目標を決めないとならないのですが、その目標のせいで勉強しなくてはならない羽目に…。
ま、自分で自分の首しめたんだけど(汗)

毎年、この目標設定には頭を悩ませるのよね〜。

「ちゃんとした目標を考える」ことを目標にしたい

と毎年思うくらい。
一昨年くらいまでは「プロジェクトの管理をしっかりやる」みたいなアバウトな目標で良かったんだけど、去年からもっと具体的に!と言われ…。

仕方ないので“Javaの資格取得を目指す”としたけど達成できず。
今年は資格取得は目標にしたくないな〜なんて思っていたら、目標設定がより面倒なシステムに変わりまして。。

目標達成までを3段階に分け、さらに細かくスケジュール設定と達成度の確認方法を示さなくてはならなくなったのです。
で、決めた内容をグループリーダーと面談→OKが出たら→マネージャーと面談…という、関門があるのです。

ダメ出しされて、一からやり直しってこともあるわけです。。

面談に向けて内容を推敲してるうちに、段々ハラが立ってくる始末。
「誰だよ!こんな面倒なやり方に変えたのぉ〜」

それでも何とか完璧っ!って感じに仕上げました。
でもーーー

このスケジュール通りにやっていけるのか!?

“コーチングとプレゼンテーションスキルのアップ↑”

にしたんですけど。
自分で地道に勉強しまして、年度末にグループ内で発表する。
…なんでこんなのにしちゃったかなぁ〜。
上司からは「いいね〜」とすぐに合格点をもらいましたが。

自分でやるには限界が…。
(安く)教えてくれる講座とかがあると良いんだけど。
とりあえずやるしかない。もう6月も後半になっちゃったし。


そしてもう一つ今日から

ジム通いを始めました
プールに行かなくなって早半年。
かなりヤバメな状態になってきたので(汗)
今日はまだ筋力測定&ちょこっと運動だけど。
すっかり遅くなっちゃった。

腹ペコなのに電車で隣に座った人がパンを食べているぅ。チョコパンっぽい…真横すぎて見られないけど。
う〜ぐるる。。

家に帰ってたらふく食べてしまいそうでコワイ。

とりあえず何もかも明日から明日から。。
posted by ashika at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

大丈夫かなぁ。

今朝、服をしまおうとして右手(主に指)全部を手(パー)タンスにオモイッキリ挟みましたどんっ(衝撃)

夜になってもまだ痛い。(皮もむけてるし…)
マヌケ過ぎて悲しいふらふら


さてー
今週火曜に、ようやくカラーコーディネーターの講座全5回が終了ぴかぴか(新しい)しました。
後は日曜の試験ペンに臨むだけ。
先生曰く

3級は簡単だから、受からない方がおかしい。

ですって。(本当にぃ〜?)
教科書を何度も読んで、過去問やっておけば大丈夫だと言うけど。。

ホントは今日、どーしてもカチンコパイレーツ・オブ・カリビアンが観たくて、仕事帰りに誰か誘って行こうかと、昨日、メールを途中まで作成して

「待てよ…。」

明日もお出掛けするのに、一体いつ勉強するんだ?と。
過去問ほとんど手付かずじゃん!と。
思い止まったのデシタあせあせ(飛び散る汗)

…余談ですが

パイレーツオブカリビアンと言えば
6月29日放送の「ドラえもん1時間!海賊スペシャル」ジャック・スパロウ船長の姿でジョニデが出るんだってよ。
アフレコは英語なの?字幕がでるの?興味津々だよ。

…余談デシタ。

さてさて、
毎回毎回、ちょーハイスピードで「ここが出る!」「はいここ線を引いて!」と塾か予備校か?というような勢いで説明する先生の講義を、時に「チッ爆弾」と思うこともありながら受け続けたんですが、カラーコーディネーションと言うものが少しは身についたんでしょうかexclamation&question

ほとんど試験のための講座って感じで、実践的なことは無かったように思うケドたらーっ(汗)

興味深かったくだりは

かわいい色の連想と象徴
日本、中国、韓国などの漢字圏では“色”は色情、色事、好色など性的・情念的な意味合いが含まれるが、ヨーロッパ語圏では複数形で“旗”を意味する。

キリスト教における宗教画もまた色の象徴性にあふれ、聖母マリアの外套は天国と真実の象徴、また魔除けの色である青で描かれている場合が多い。赤はキリストの血、受難の象徴で慈悲と同胞愛のシンボルとされている。
そして黄色は裏切り、臆病などの象徴としてキリストを裏切ったユダは黄色の着衣で描かれることが多い。

そうやって色んな宗教画を見てみると、あらホント。マリアの服は青だし、ユダはどれも黄色だよ。そんな決まりがあったのね。
短大の時「黄色は狂気の色だ」なんて言ってたこともあったけど。。

あとは
かわいい平安時代の襲(かさね)の色目とか飛鳥・奈良時代の位階の色
のあたりも興味深かった。

“紫”は一番位が高く、高貴な色とされているのは何故かというと、濃い紫に染めるためには大量のムラサキ貝を使って何度も何度も染めないとならなかったため、非常に手間とお金がかかったからなんだって。

禁色(きんじき)とされている身分が高い人にだけ着用が許された色は全て濃い色。
聴色(ゆるしいろ)は誰でも着用できるうすーい色。
パッと見だけで、貧富の差がわかっちゃったのねぇあせあせ(飛び散る汗)

江戸時代後期まで着用する色の規制があったんだって。
「いつかは濃い色の着物が着たいな〜ぴかぴか(新しい)」なんて夢見た人もいっぱいいたのかも。
「この色は着ちゃダメ〜」なんて、今じゃ考えられないよね。


とまぁ、私に身についた知識はこんな歴史のことばかり。
色の対比とか同化とか補色のあたりはサッパリ犬なんですけど。

こんなんで日曜の試験は大丈夫なんだろーかバッド(下向き矢印)



posted by ashika at 23:47| Comment(3) | TrackBack(1) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

見習いたいな〜

喉の腫れ具合がひどくなってきたどんっ(衝撃)ので、今日は病院へ寄ってから会社へ行くことにしました。

いつも行く内科病院は子供の頃から通っていて、先代の大先生の頃からお世話になっています。
今の若先生(といっても50過ぎのオジサマですが…)が診察をし始めた頃は「何か信用ならん。」と週に1度くらいしかない大先生(当時80過ぎだったと思う。。)の診察日にしか行かない時もありましたが…そして看護婦さんに「今日は大先生の診察ですが良いんですか?(不安)」と聞かれても「いいんです!(by カビラ)」と言っていたほどでしたがあせあせ(飛び散る汗)

今じゃすっかり信用して、何でも相談して(時々困らせて)マス。
話をちゃんと聞いて相談に乗ってくれるし、病気の見立ても良いので、今の先生になってからは大繁盛(?)でいつも結構混んでイル。

なのに先生&看護婦&受付のおねーさん全員がめちゃめちゃ良い人たち黒ハートなのよね。
特に受付は、やたらと話し掛けてきたり、未婚と聞くと「良い人を紹介してあげる」とかウルサイお年寄りがいるのに、嫌な顔せずにこやかに対応してるんだよね〜。

自分の仕事だって忙しいのに、えらいな〜といつも感心しちゃう。
(ちなみにたまに蕁麻疹で行く皮膚科の受付のコは竹○結子似の美人だけど、一度も笑顔を見せてくれたことがない…悲)

そこの病院に併設されている処方箋薬局の薬剤師さんもこれまたイイ人なのよね。おまけにトテモ美人ぴかぴか(新しい)

すごく丁寧に説明してくれるし、アドバイスもしてくれる。
喉の痛みがひどくて…といったら、それはつらくて痛そうねという表情をして、「この薬で痛みが取れますよ。この薬は風邪の症状を抑えるけど、花粉症の症状にも効きますよ。」などと説明してくれ、もう
説明を聞いただけですぐに良くなるような気がしてくるるんるん
(単純)

前に出た蕁麻疹の症状はないですか?とかお仕事忙しくないですか?とか心配してくれるしねハートたち(複数ハート)
(ただ、蕁麻疹でヘンシンしちゃったのはあまりにも病院&薬局スタッフさんたちも衝撃を受けたようで、ちょっとでも蕁麻疹が出るとみんなひどく心配してくれるんだけどたらーっ(汗)

あぁ〜この笑顔に癒されるな〜いい気分(温泉)と思いながら会社に向かいました。

私も客先に行く時は「笑顔」と「挨拶」は気をつけているけど。
普段の身の回りの人に対しても“イラッとした顔”を見せないようにしたいよなぁ〜。

と、久々にちょっと早く家に帰ったのに、ママの愚痴や自分勝手な妹の言動にイライラッとしてしまった自分バッド(下向き矢印)に反省したのでした。。

posted by ashika at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ストレス★チェック

疲れているから余計に目に入ったのかしら…
Yahoo!ニュース見てたらこんなトピックスが気になりました。

特集ワイド:30代に忍び寄る心の病 熱い40代、冷めた20代の間で(毎日新聞)

右斜め上このトピックスのページに

*ストレスチェックテスト
http://www.stresscare.com/info/checkstr.html
*ストレス度チェック
http://www.genic-net.com/stress/

というリンクが貼ってあったので試しにやってみました。
アクセスが込み合っている…といってなかなかページが表示されなかったから、気になった人がたくさんいるんでしょうね。。


《ストレスチェックテスト》
1.ストレス・レベル
<判定> レベル3

 あなたのストレスレベルは、平均レベルです。

 ストレスを感じ始めたら、気分転換をしたり、休息をとったりするなど、早め早めに対応してしていきましょう。

2.ストレス対処法
 レベル3のあなたには、気分転換などが有効です。ただ、ストレス状態が慢性的に続いているようであれば、ライフスタイルの改善などにも取り組んでみましょう。また、少しストレスがたまってきた時点で、早めに休息を取ることも大切です。

-----

なーんだ。普通レベルじゃ、たいしてストレスが溜まってるわけじゃないよね。ヨカッタヨカッタ。
一応、対処方法もいろいろあるようなので見てみました。

-----

かわいい体が疲れているというあなたには、「休息系」の気分転換がおすすめです。
エネルギーを回復するために、ちょっと休息をとってみましょう。

「休息系」の気分転換法にはたとえば、次のようなものがあります。

 1.昼寝をする
 2.1時間くらいボーっとしてみる
 3.お茶でも飲む
 4.お風呂に入ってのんびりとする
 5.温泉にでも行く
 6.やるべきことをやめてサボっちゃう


かわいい怒りや不満がたまっているというあなたには、「発散系」の気分転換がおすすめです。
何か発散できることをしてみましょう。

「発散系」の気分転換法にはたとえば、次のようなものがあります。

 1.カラオケで歌ってみる
 2.叫んでみる
 3.泣いてみる
 4.スポーツ観戦で応援する
 5.ライブへ行って熱狂する
 6.スポーツで汗を発散する
 7.いらない紙を思い切り破ってみる
 8.目の前の空気を殴ってみるパンチ

-----

必ず最後にオチがつくのかい!?って感じですけど。。
ここのページでは他にエゴグラム性格チェック、心の多様性チェック、ワーク/ライフバランス・チェックなども診断できます。
で、エゴグラム性格チェックをやってみました。

<エゴグラム性格チェックの結果>
ACが高いあなたは、適応力があり、気配りのできるタイプです。周りの人の気持ちを大切にし、時と場合をわきまえて自分をうまく抑え、調和することができます。チームワークを守り、他人の期待に応えようと努力をしますから、どんな組織でもうまくやっていける人です。
仕事のときのほうがCP(厳しさ、など)が高いようです。

仕事時間とプライベート時間で、活動スタイルにかなりの違いが見られますから、どちらかで無理をしている可能性があります。ストレスも高くなっているようですから、仕事とプライベートのバランスを見直してみましょう。

----

この結果とグラフを比較演算で表してみるとこんな感じかな。。

AC(従順な子供の心)>FC(自由奔放な子供の心)、NP(養育的な母親的な心)>A(冷静な大人の心)、CP(厳しい父親的な心)

右斜め上こうやって見ると、すごい子供っぽいと取れなくもないんですが(汗)
「冷静な大人の心」が一番ひくいんだもんあせあせ(飛び散る汗)


…とまぁ、ついつい心理分析にはまってしまいました。
こういうのってやり始めるとキリがないんだよねたらーっ(汗)




posted by ashika at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

衝撃の真実

ゴルフを途中で切り上げ、お昼に帰ってきたパパが突然

「あんた達(私とママ)、蓮の花が開く音って聞けたんだっけ?」

…ううん。
道を走る車の音車(セダン)などで、結局聞こえなかったんだよね〜とママ。
すると、、

「蓮の花が咲く時にポンッって音が聞けるのは、坊さんか悟りを開いた人くらいだってさ。今、ラジオで言ってた。」


なぁにぃぃ〜!!!
8年ほど前に、一度で良いから蓮の花かわいいが開く音を聞いてみたいね…と言うことでママと妹、私の3人で近所の蓮がいっぱいの池へ、朝4時から行ってじっと(2時間くらい)蓮の花が開く様を息を潜めて観察したのよ。。

開いて行く様を見れたのは良かったけど、音を聞くことはできなかったね〜なんて残念がったのに。。

あ〜まだまだ悟りが足りなかったのねぇぇ。ふらふら
posted by ashika at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

効果的なタイトル

毎日、お昼にYahoo!のトピックスをチェックしているのですが…

今日まず最初にチェックしたのは
さわやか陽気 ただし今日だけ

思わず「まじでぇぇ〜!!」と心の中で突っ込みながらチェック。
単に“全国的に五月晴れ”ってだけじゃ、そんなに気に留めないけど“ただし今日だけ”ってついているだけで惹かれ具合が違うと思うのよね。

タイトルって短いセンテンスで記事の内容を表したり、見る人の気を引くようなことを書いたり、結構センスぴかぴか(新しい)が問われるよね〜。

今日のトピックスで一番興味を引かれたのは
『教授、クモの糸にぶら下がる』
(http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/biotechnology/)

タイトルだけじゃどういうことかわからない。でも詳しい内容を知りたい…って思わずクリック。
内容は「クモの糸で作ったロープで大学教授が数分間ぶら下がる実験が成功した」んだって。へぇぇ〜とトリビア的な内容でした。

こういう「ナニナニ?」って思わせる見出しは週刊誌やスポーツ新聞の見出しとか電車の中吊りに多いよね。
実際、記事の内容を読むとさほど大したことはなかったりするんだけどバッド(下向き矢印)
でも興味を引かれて記事を読んだ時点で、そのタイトルつけた人の思惑通り。読んでしまった私の負け(?)なんだよね〜。

でもタイトルのつけ方ってほんと難しい。
携帯でメールmail toを出す時でも、必ずタイトルをつける派なんだけどオモシロイのってなかなか浮かばないんだよね〜。(別に普通で良いんだけどサ)
メールの本文を書き終えてから
タイトルをつけることもあったり…。
ブログのタイトルも同じく…たらーっ(汗)

「タイトル」&「つけ方」で検索サーチ(調べる)してみたら、こんなページを見つけました。

気持ちをぐっとつかむ。キャッチフレーズのつけ方

これの最後の方に
アクセス数の少ないタイトルは、漠然と抽象名詞が書かれています。
空、電気、ランチ、ヒッチハイク、石、猫
そして、独り言のようなタイトル(爆)
読まれない訳がわかる!わかる!(笑)

ドキーン失恋
私のブログのタイトル、独り言みたいなものばっかりですがあせあせ(飛び散る汗)

あぁ〜やっぱり難しいよタイトルって。
日々、鍛錬ですなぁ〜。
posted by ashika at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

ロダン体操

今日は先週沖縄リゾートで挙式したOちゃんの結婚報告&お祝い会を兼ねて、久々に近くの美術館へ行って来ました。

ランチレストランして話するだけじゃつまらないかねーってことだったので、ちょうど
『花鳥風月−屏風絵の世界』
という企画展をやってたから美術館へ行った後ランチしようということになりました。

単に私が個人的に行きたかったんですけど。(^^ゞ

屏風は充分堪能して、すごい楽しかったんだけど、一番の収穫は

『ロダン体操』

最近、静岡県のCMとしてテレビ放映されてもいるものですが
ばっかオモシロイよ手(グー)(静岡弁)

ここの美術館にはロダン館というものがありまして、地獄の門・カレーの市民・考える人などを常設展示しているんですが、その彫刻のポーズを元にした体操があるんです。
ビデオでエンドレスに流れているものですから、みんなで夢中になって見ちゃいました。

このロダン体操の目的は…などといった説明書きがあったので読んでみると

・ロダン体操は、ロダンの彫刻を真似するもの

・ロダンの彫刻は、かなり無理な姿勢をしているものが多いので、こうした彫刻の特徴を知ることができる

・ロダン体操は、体育のためというよりも、芸術鑑賞のきっかけ作りとして発案された

・彫刻鑑賞をしながら、体を動かすことによる、心理的な効果は期待できる

・ポイントは、どれだけロダン彫刻になりきる

といったことが書かれていました。
なんて突っ込みドコロ満載なんでしょう。(笑)

ずいぶん私達のツボにはまってしまって、秋に控えた今日のメンバーの内の一人の
結婚式の余興に全身黒タイツで踊っちゃおうかexclamation&question
なんて盛り上がっちゃいました。わーい(嬉しい顔)




ロダン体操とは関係ないんですが…

【本日の名言】
自分で稼いでいないお金(=祝儀など)は悪魔のお金ドコモポイントだ!


いーこと言うねぇ。
だからそんなお金はあてにしちゃいけないって。地道にコツコツ貯金しないとだって。

本日主役のOちゃんのお言葉でしたパンチ
posted by ashika at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

脳のトレーニング

昨日は第2回目の"プールの日"だったんだけど、
そんなにハードじゃなかったので、今日はさほど筋肉痛になっていません。(ナーンテ明日になったら痛くなってたりして…)

筋肉痛というよりも、何だか手とか腕のスジがイタイんだよなぁ〜。(それって筋肉痛って言うんじゃないの?ってママに言われましたが)

昨日はアクアビクスって言うよりも、脳を鍛えるためって感じの運動が多かったデス。
【では、説明を読みながらみなさんもご一緒に!】

水中で足踏みしながら腕の振りをつけて行くんだけども、まず右手はパー手(パー)で胸に当て、左手グー手(グー)で前に出す…これを交互にだんだん早くやる。ここまでは何とか大丈夫だった。

次は右手はパー手(パー)で胸に当て左手チョキ手(チョキ)で前に出すってのを交互にだんだん早く。…ここら辺りからちょっと怪しい。。

そして、指揮をするような感じでまずは両手で2拍子。上、下、上、下。そしたらー両手で3拍子。三角を描くようにイチ、ニ、サン、イチ、ニ、サン。そしてーー右手は2拍子、左手3拍子………はい、もーダメです。わけがワカラナクなってしまいましたバッド(下向き矢印)

でもって、それを音楽るんるんに合わせて次々にやるわけですよ。
じぇんじぇんダメ。。最後の指揮のやつでグダグダになってしまう影響(?)で他のできていたものまで、どんどんオカシクなって行く〜ふらふら

たぶん、周りのおばちゃん達もカナリできてなかったと思うよ。何かもうイッパイイッパイで周りを見る余裕がなくなってたけど。
他のストレッチとか体操は「おばちゃんたちと違って、余裕でできるわよ〜」って(感じを装って)やってるんだけど、これは同レベルかも。
確実に脳が老化してる…。結構、アタマを使う仕事してると思ってたんだけど…それとこれとは違うんでしょーか!?

今朝、会社で同期の子にその話をしたら
「あっアタシ、その指揮のやつできるよ! ホラッ!」
ってかーんたんに2拍子と3拍子をやるじゃないすか。。

うわぁーんがく〜(落胆した顔)みんなできないってわけじゃあないのね〜。
ちょっと脳のトレーニングってやつをやらないとダメかしら…。


posted by ashika at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。