2018年04月10日

と、とうさーん!

年度の変わり目は何かと問題が起きるもので…

昨年度はいきなり4月から仕事がなくなったと言われ、てんやわんや。
今年度は無事に入札も取れ、引き続きお仕事お願いしますと言われていた矢先に、、

売掛金の請求をしていた会社が、4月頭に倒産したんですって。

請求は月末締めの翌月末払いなので、3月の請求書を送ったばかり。
ていうか、2月請求の入金がされていなくて問い合わせをしていたんだけど、一向に音沙汰がない…という状況。

ちょっと変則的な仕事の受け方をしていて、元請けの会社はコンプライアンスが厳しくて、個人とは仕事の契約ができないため、その下請け会社を経由して私に仕事を出してくれていて。
仕事のやり取りは元請けとしつつ、請求は下請けに送っているのです。

元請けの会社の都合で、そういう形態になっているので、請求を送っている下請けの会社の人とは全く面識もなく。何の会社なのかもあまりよく知らなかったんだけど。

都内の一等地のビルに入っているわりには、3回に1回は入金が遅れたり、始めの頃は金額間違ってたりを繰り返していて、どうなってるんじゃい!って元請けに確認を度々お願いしていたら、案の定。
経営がヤバかったからそんなだったのねー。

十数億の負債を抱えて破産手続きが開始されたと、先週末に元請けの会社の人から電話がかかってきた。

ボーゼンとするよね。
元請けは支払いする側だから、私に対しては何もすることができないと。

幸い、仕事自体は引き続きお願いしたいので、今後の契約形態は至急、社内で検討すると。

「あなたのことはとても必要なんです。離れてもらっては困るので、なんとか方策を考えます!」

って、、デジャブ?

この台詞を言われるのは、もう3回目な気がする。
毎回、違う会社、違う人ではあるんだけど。

必要とされているのはありがたいんだけど、安定してきたなーって頃に毎回こうなるのは、私にもなんか原因があるのかしら。

毎回、周りの人たちがアレコレ動いてくれて、待っている間になんとか次の仕事が決まったりしていたんだけど。
今回も、2ヶ月分の売上は回収できなくとも、以降はもう少し仕事を増やした形で契約できるよう、動いてくれているみたいなんだけど。

でも2ヶ月収入ゼロってきついなー。
マイホームの支払いのために、貯金の大半を使わなくてはいけないというのに(親と弟はローンで払っていくのに、私だけローンで足りない分を、最初に現金で出さなくてはならないのだ)

これはやはり、収入源を一つしか持っていなかったからだよね。
もうちょっと仕事増やしたいなーと思いつつも、まぁ多くはないけどそこそこの額はあるし、とのんびり仕事してたせいだよね。

重い腰上げて、他のルートの仕事も増やせるよう動いてみるかー。

その前に、諦めきれないから弁護士相談も申し込んでみた。
お金は返ってこなくても、次の契約に教訓を生かせるように、いろいろ聞いておかないとね。

歯をくいしばっていこう!
gdttf!
posted by ashika at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]