2015年04月16日

なんとか快復して

私の仕事の方は月曜に連絡が来て、なんとかなりそうな感じです。
しばらくはかなり低い月給で凌いで、諸々ちゃんと決まれば正社員として各種保険込みの給料をもらえることになるらしい…まだ90%ほどの可能性らしいんだけど。

ということは、家からずっと出ない生活はこのまま続いていくことになっちゃうんだけど。

「世界中でこの仕事を頼めるのはあなたしかいないんだよ。だから助けてほしい。」

って言われて、思わず笑っちゃったんだけど言う側は大真面目だよね。
ほんとにそういうセリフを言う人っているんだなあ。


それよりも月曜からしばらく気持ちが沈んだまま、なかなか復活できずにいたんだけど。
まあ、私が落ち込んでいても何もできないし、どうしようもないんだけど。

去年の夏に病気が発覚して緊急手術をした友人がいて。
退院後、頑張って治療を続けていたんだけど、ここのところやけに弱気だし、不安定だしどうしたのかな…と思っていたら病気が再発してしまったのだそうで。

ダンスミュージックを聴くとNK細胞が活性化するってのを昨年TVで観て、ミッチーの踊れる曲を集めてCD作ってあげるね、と以前から言っていたのにまだ渡せていなかったこともあり、子ども達の春休みが終わったらランチに行こうと約束していて、ようやく月曜日に会ってきたのでした。

落ち込んでいた時期を脱したみたいで、すごく明るく元気に話すんだけど、病状はかなり深刻で。
来週からはまたハードな治療が始まるのだそう。
先が見えないことへの不安や治療の選択に関して気持ちが揺れることもたびたびあるそうで。

私は話を聞いてあげたり、他の話題で楽しい気持ちにさせてあげたりすることくらいしかできないんだけど。
まだまだ子ども達だっているんだし、どうか良くなるといいなあと祈るばかりです。

そしてそんな状況の友達が一人だけでなく。
同級生たちの中で部位は違えど同じ病気で、手術して闘病中っていう子が他にも。難病に罹って、休職中の子も。
そういうお年頃なのかなあっていうだけでは済ますことができない…
いまの年齢では、まだやらない検診だったりするし。

なにが起こるか分からないよなぁ、ほんと。
どうかみんなが元気になりますように。。
posted by ashika at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック